髪の毛のカラー色落ちしてません?ヘアカラーを最大限長く保つ方法!

ヘアカラー

 

ヘアカラーの色落ちに悩む人

「ヘアカラーを長くもたせる方法を知りたい!せっかく良いカラーに染めても、すぐに色落ちしちゃうのどうにか出来ないかな?」

今回はこういった疑問にお答えします!

みなさんこんにちは!

戸越銀座美容室、ZELE戸越銀座の中村一成です!

今回はヘアカラーの色落ちの原因と対策についてまとめました!!

【この記事を読んで分かること】

・そもそもなぜ色落ちしてしまうのか?

・普段の生活のなかで色落ちの原因って?

・具体的にどうすれば色落ちを防げるのか?

普段、お客様から頂くお悩みの中で

「色がすぐ抜けてしまうんです・・・。」

「明るいカラーをやりたいけど、色抜けちゃうんで暗いカラーしかできない・・・」

「もっと長くカラーを楽しめたらなぁ~・・・。」

などなど、カラーの色持ちに関するお悩みをよくご相談されます。

早い方だと1~2週間で色が抜けた~。と感じる方や、染めた次の日から色が薄くなったように感じる。という方もいますが、

ヘアカラーにあわせた方法を行うことで、グンっとカラーの色持ちを良くする事ができるんです!

ということで、ヘアカラーを長持ちさせる方法をまとめていきます!

スポンサーリンク

そもそもなんで色落ちするの??

なんでカラーした後ってどんどん色が落ちちゃうの??

服や染物に比べても色落ちがすごく早く感じやすい私たちの髪の毛

そもそもどうして一度染めた色がどんどん抜けて明るくなってしまうのでしょうか??

それは開いたキューティクルから色の元になる色素様々な原因で外へ流れ出てしまうからなんです!

ヘアカラーが抜けると明るくなるのはどうして??

日本人の髪の毛はもともとですよね?

それは「メラニン」という肌にもある黒い色素がいっぱい髪の毛に入っているからなんです!

カラーをする際はこの「メラニンを破壊or脱色」して代わりに理想の色素を入れる作業をします。

なのでこのカラーで入れた色素が抜けていくと、元の髪の色素が破壊されたままになるので髪色が明るくなるんです!

ヘアカラーをする時に元々の色素を破壊or脱色するため、入れたカラーが抜けると明るくなる!

色落ちしたとき赤くなる?黄色くなる?

色が落ちてくるとすぐ赤っぽくなっちゃうんです。

よく伺うお悩みですがそれはどうしてなのでしょうか??

髪の色を構成するメラニンには黒くなるメラニン赤~黄色くなるメラニンがあるからなんです!

ちなみに髪の色は人種や個人個人によって色が違うのですが、共通するのは黒~茶色になるユーメラニン赤~黄色になるフェオメラニンの2種類のメラニンが髪の中にあります。

この2種類のメラニンの割合は遺伝で決まり、その人の髪本来の色が決まります!

ユーメラニンが多いと黒から茶色い髪へ、フェオメラニンが多いと赤やオレンジ~金髪などになります。

赤~黄色になるフェオメラニンの割合が多いひとは、カラーが色落ちした時に「赤っぽく」または「黄色っぽく」なりやすいと言われています。

地毛がどんなタイプかは実際に染めるか、カメラでの毛髪診断をすると分かりやすいです!

地毛の色味は2種類のメラニンの割合で決まる!そしてそれは遺伝する!

赤~黄色くなりやすい髪のメリット・デメリット

日本人はフェオメラニンの割合が多く、色抜けすると赤くなりやすいと言われています。

髪の毛が赤くなりやすい髪質だな。と思う方はこのメリットとデメリットを参考にカラーを選んでみてください♪

【メリット】

・暖色系のカラーの色持ちが良い!

・ツヤが出やすく、まとまって見えやすい!

・ユーメラニンよりフェオメラニンの方がはるかに強いので、ダメージや酸化が起こっても白髪になりにくい!

【デメリット】

・寒色系のカラーが入りにくい。

・ブリーチをしてもフェオメラニンは強く残っているので、オレンジ色になりやすい。

・ハイトーンカラーにする時にブリーチの回数が多く必要になりやすい。

いい所も、理想と合わないところもありますが、髪質を見極めてそれぞれに合わせた的確なアプローチが大切です!

カラーで悩みや不安ががある時は、信頼できる美容師さんに必ず相談しましょう♪

スポンサーリンク

ヘアカラーが色落ちする原因5選!

カラーが色落ちする原理は分かったけど、何が原因でカラーが色落ちしてしまうの??

ここでは5つの代表的な色落ちの原因をまとめていきます!

自分に当てはまるものがあたったら今日から改善して行きましょう♪

一番の原因はシャンプー!

ヘアカラーが色落ちしてしまう一番の原因はシャンプーです!

シャンプーは毎日行っていてあまり意識していない方も多いかも知れませんが、シャンプーは洗剤です。色も汚れも落とします!

毎日繰り返されるシャンプーは髪表面の汚れだけではなく、髪の内部の成分も少しずつ洗い流してしまいます。

なのでヘアカラーの持ちを良くする為に、シャンプー選びはとっても大切です!

カラー後のシャンプーはカラーの抜けにくいアミノ酸系シャンプーかカラー専用シャンプーを使うようにしましょう♪

自然乾燥はゼッタイだめ!!

次に良くある原因が「自然乾燥」による色抜けです。

これも結構色が抜けちゃいます。

自然乾燥させると、髪が乾くまでに時間がかかるのでキューティクルが整わず開いた状態で固まってしまいます。

そうすると開いたまま固まったキューティクルは摩擦やちょっとした衝撃でも剥がれ落ちてしまうようになり、結果として毛髪内部の成分が流出してしまいやすくなるんです!

自然乾燥させるとキューティクルが壊れやすくなるので、内部の色味も流出しやすくなってしまう。髪は必ず乾かしましょう!

ヘアアイロンの熱が色を飛ばす!

カラーをした後、アイロンで髪を巻いて色が薄くなってしまった経験ありませんか??

これはアイロンの熱がカラーの色素を破壊してしまうからなんです!!

これ意外と知らない方が多くて、アイロンを常習的に使ってしまっている方も多いです。

パーマで再現できるようなカール感なら、先にパーマをかけて、普段は出来るだけアイロンを使う頻度を少なくしてあげると良いですよ!

【カラーヘアにアイロンを使う際の注意事項】

・オイルやクリームの耐熱系のトリートメントを付けてからアイロンを使おう!

・アイロンの温度は130℃以下に!

・高級ヘアアイロンでダメージレスに使おう!

紫外線は色素を壊します!

長時間外にいたり、海に行った時など色落ちしてることが多いですよね!

海水に入っていないのになんで?と思う方も居るかも知れませんが、実はその原因は紫外線かもしれません!

紫外線はヘアカラーの色素に直接当たるとその色素を破壊してしまいます。

紫外線を防ぐ効果のあるトリートメントを使うようにしたり、出来るだけ日傘や帽子などで強い直射日光は避けるようにしましょう!

パーマするときは要注意!!

パーマもかけたいんだけど、どうしたらいいの??

パーマをかけると物凄くカラーの色抜けが起こります!

これはパーマ剤の作用する部分がカラー剤の作用する部分よりも深部に作用するから。

要するにパーマ剤の方が髪の深いところに作用する為、パーマをかける時にカラー剤が抜け出てしまうんです。

パーマもカラーも行う場合はパーマから必ず行いましょう!!
 
[ad]

カラーを長持ちさせる7つの方法!!

カラーを長持ちさせるのに具体的にどうしたらいいの??

それではここからカラーを長持ちさせる方法を7つに分けてまとめていきますね♪

自分の髪の色素に合うカラーだと色持ちがすごく良い!

先ほどの「色が抜けた時に赤くなる?黄色くなる?」の部分でもご説明しましたが、メラニンによって色づいている私たちの髪の毛は髪本来の色味があります。

自分の本来の色味と同系色のカラーをするととても相性がよく色持ちもグンっと良くなります♪

赤味が強くなる方が暖色系のカラーをすると】

・色持ちが良い!

・発色がよりよくなる!

・艶が出やすく継続しやすい!

スポンサーリンク

色が抜けることを想定して1~2トーン暗めに染めるのもアリ!

次に美容室に行くまでの期間を逆算して、理想のカラーよりも少しだけ暗めに染めてもらうのもヘアカラーを長く楽しむのに有効な手段です♪

1ヶ月くらいのスパンでカラーリングをされる方は問題ありませんが、2~3ヶ月に1度カラーをする方は1~2トーン暗めで染めてもらうのもオススメです!

退色してきて1ヶ月くらいが丁度理想の色合いになるようにできると、最初は少し暗くても長くヘアカラーを楽しむことができるので、忙しくて中々美容院にいけない!といった方にはオススメの方法です♪

少し暗めに染めておくと普通より長くカラーを楽しめる!ただし最初は暗い!

カラーをした日はシャンプーしない!

ヘアカラーをした日はまだ髪の深部にまでカラー剤が浸透しきっていません!

そのタイミングでシャンプーをしてしまうと、カラー剤が流れ出てしまうんです!

そしてキューティクルもカラーをした日は完全には閉じきっていません。

キューティクルが自然に閉じきるまで3~4日かかるのですが、特にカラーをした初日はキューティクルが開いていてデリケートな状態になっています。

カラーをした日はシャンプーはせずに髪を休ませてあげましょう♪

 

スポンサーリンク

 

使うシャンプーは「アミノ酸系」か「カラーシャンプー」にしよう!

カラーをした後はムラサキシャンプーを使えばいいんでしょ??

カラーならなんでもムラサキシャンプーがいいという訳ではないんです!

ムラサキシャンプーは寒色系カラーをキープさせる為のもの!

カラーの色落ちを抑えるにはカラー専用シャンプーかアミノ酸系シャンプーでやさしくケアしながら洗いましょう♪

カラー専用シャンプーはカラー剤が逃げないようにする成分や、カラーの発色を良くしてくれる効果があります。

アミノ酸系シャンプーは髪と同じ成分で作られたシャンプーなので、髪のダメージでカラーが流出するのを防ぎます。

 

カラーのダメージを考えるならアミノ酸系。色の発色を考えるならカラー専用シャンプーを使うようにしよう♪

 

カラー用のトリートメント&アウトバストリートメントを使おう!

アウトバストリートメントも種類が沢山あってよく分からないですよね?

カラーの色持ちを考える上で1つ注意したいのがシリコン性の集中ケア&アウトバストリートメントです!

髪のツヤ感を持たせる分にはすごくいいのですがシリコンが多く付きすぎると髪の中の成分を吸収してしまうものもあるので、出来るだけ修復系orカラー専用トリートメントを使うようにしましょう♪

集中ケアトリートメント&アウトバストリートメントもカラー専用を使おう!
 

オイルやクリームなどのアウトバストリートメントで何を使ったらいいか分からない方へはこちらで解説しています♪

間違うと逆効果?美容師おすすめヘアオイルの正しい選び方と使用法!
ヘアオイルの正しい選び方と使い方を現役美容師が解説します!普段使ってるオイルは本当にあなたの髪質にあってる??その付け方大丈夫??そんな疑問を解決できる内容になっています。

濡れたまま放置しない!自然乾燥だめ!!

乾かすのが疲れちゃうから、ついつい自然乾燥させちゃうんだよね・・・。

これは絶対ダメです!!

自然乾燥させると、髪のキューティクルが開いたままで乾いてしまい、中身が簡単に流出しやすくなってしまうからです!

しかもそれだけでなく、髪のダメージも引き起こしやすくなり、しまいには菌が大量発生してしまうのでヘアケアの観点では絶対にオススメできません。

自然乾燥は色抜け・ダメージ・臭い・かゆみの原因になる!絶対に乾かそう!

 

カラーの上からヘアマニキュアは色持ち効果大!!

最後7つ目の方法は、コーティングカラーです!

ヘアカラーをした後にその上からコーティング系のカラーを重ねることで、カラーの色持ちが飛躍的にアップします!

表面のコーティングカラーが取れるまでだいたい3~4週間。

コーティングカラーが取れてから内側のカラーの色落ちが始まるので、長くカラーを楽しみたい!という方には一番良い方法だと思います♪

一番ながくカラーを楽しみたい方はコーティングカラーで色持ちを良くしよう♪

 

まとめ

いかがでしたでしょうか??

今回はカラーの色抜けの原因から対策までまとめていきました!

しかし、やっぱり実際に髪を見て、お客様のライフスタイルや普段のケアを知った上で正確なヘアケアのアドバイスが出来るので、この記事を参考に信頼できる美容師さんに一度相談してみていただけると、より綺麗で持ちの良いヘアカラーを楽しめると思います♪

また僕でよければいつでもご相談ください♪

ツイッターやインスタグラム、フェイスブックでもご相談お受けしておりますので、お気軽にどうぞ♪

 

ではまた!

 

サロン情報

戸越銀座駅、戸越駅から徒歩1分アットホームな雰囲気の美容室

ZELE戸越銀座(ゼル トゴシギンザ)

東京都品川区平塚1-6-23-1F

TEL 03-3782-5828

<アクセス>

・戸越銀座駅を出て頂いて左手に30秒程すすむとABCマートが見えてきますので、その奥隣になります。

・戸越駅からはA3出口を出て頂いて左に曲がると商店街に入りますので、また左手に30秒程進んでいただくとABCマートが見えてきますので、その奥隣になります。

アットホームでゆったり過ごせる店内になっておりますので是非、ZELE戸越銀座にお越し下さい♪

 

ご予約やお得なコースメニューの確認はこちらから♪

HOT PEPPER Beauty から予約する

プロフィール
この記事を書いた人

もっと見る

東京・戸越銀座の現役美容師。このサイトの運営者です。
少しでもお客様や髪のことに悩んでる方の力になれたらと思いつくりました。
「本当に似合う髪型づくり」と「美髪のためのヘアケア」が好きでまとめています。
美髪にしたい・骨格やお顔のパーツに合う髪型にしたい方は是非お任せください♪
ご質問やご相談などあればSNSかお電話でお気軽にご連絡ください♪

中村 一成をフォローする
ヘアカラー
スポンサーリンク
中村 一成をフォローする
中村美髪研究所

コメント

タイトルとURLをコピーしました